著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

膀胱がん患者の看護(看護計画・注意点)

くるみん
現役看護師 くるみん
膀胱がん患者の看護計画

膀胱とは、骨盤内にあり、腎臓でつくられた尿を一時的に溜める袋状の臓器です。尿がたまると膨らみ、排尿をすると縮む風船のような構造をしています。

膀胱がんはその膀胱内にできてしまった「がん」を指します。

今回は、膀胱がんについての説明や、看護師として症状・患者への注意点、そして看護計画について説明していきます。

1.膀胱がんについての知識

膀胱がんについての知識

「膀胱がん」は男女比で男性の方が女性より約3倍多く発症すると言われています。また、発症年齢も加齢とともに増加し、50歳以上の割合が多いです。

膀胱がんの種類として、以下の3つに分類されます。

筋層非湿潤性がん ・膀胱がんの約90%が筋層非湿潤性がん
・「表在性がん」と「上皮内がん」がある
筋層湿潤性がん ・悪性度が高い
・がんの進行が早い
・他の臓器に転移しやすい
転移性がん ・膀胱がんが他の臓器転移した状態のがん

さらに詳しく「筋層非湿潤性がん」「筋層湿潤性がん」「転移性がん」を説明していきます。

 

(1)筋層非湿潤性がん

膀胱の内側は尿路上皮と呼ばれる粘膜に覆われていますが、この尿路上皮にがんが発生する尿路上皮がんが、膀胱がんの約90%を占めます。

膀胱筋層に浸潤していないがんで「表在性がん」と「上皮内がん」があります。

 

表在性がん

表在性がんの見た目はがんが野菜のカリフラワーやイゾギンチャクのように突き出ている形(乳頭状)をしています。根の部分は浅く筋層にまで浸潤していないので、生命にかかわることが少なく、おとなしいがんです。

 

上皮内がん

上皮内がんは、膀胱の内腔に突出せず、膀胱の粘膜のみががん化した状態です。見た目は粘膜の発赤や不整なので表在性がんと違いみつかりにくいことが多いです。

進行が早く、早期にリンパ節や他の臓器に転移を起こしやすい悪性度の高いがんと言えます。

 

(2)筋層湿潤性がん

悪性度が高く、膀胱壁の深くまで湿潤しており、進行も早いため、早い段階でリンパ節や骨、他の臓器に転移しやすいのが特徴です。

 

(3)転移性がん

膀胱がんが他の臓器転移した状態を言います。

膀胱がんが転移しやすい臓器は、リンパ節、肺、骨、肝臓などがあります。

 

2.膀胱がんの患者の症状について

膀胱がんの患者の症状

膀胱がんの代表的な症状は以下の通りです。

  • 血尿
  • 頻尿
  • 排尿時痛
  • 残尿感
  • 背部痛

血尿は、膀胱がんの最も代表的な症状です。約70~80%に見られます。

特徴としては、無症状の血尿です。

病変が膀胱の出口付近にあると、頻尿、排尿時痛、残尿感などの症状がみられます。この血尿が尿道に詰まってしまうと、尿閉になってしまうこともあります。

そうなると、尿管や腎盂の拡張が見られます。(水腎症)このような状態になると背部痛が見られることがあります。

 

膀胱がんの検査(確定診断)

ここで注意しなければならないのが、これらの症状は「膀胱炎」などでも同様の症状が出現します。そのため、症状だけで確定診断はできません。

次にあげる検査を行い、確定診断をしていきます。

  • 尿細胞診
  • 膀胱鏡検査
  • 腹部超音波
  • 腹部CT・MRI・骨シンチグラフィ
  • IVU(排泄性尿路造影)
  • TUR-BT

 

尿細胞診

尿の中にがん細胞がないかどうかを顕微鏡で見て判定する検査です。

5段階で評価されます。

評価1~2 陰性(悪性の疑いはない)
評価3 疑陽性
評価4~5 陽性(悪性の疑い)

表在性がんの場合、がんがあったとしても陽性とならない可能性もあるので他の検査と合わせて行うことが大切です。

 

膀胱鏡検査

膀胱鏡検査は、膀胱鏡と呼ばれる内視鏡を尿道から挿入し膀胱内を観察します。

肉眼的に、がんの部位や大きさ、数、形状などを確認することができます。

 

腹部超音波

表在性のがんの場合、エコー上で確認できることがあります。

 

腹部CT・MRI・骨シンチグラフィ

他の臓器へ転移していないかどうかを確認します。

 

IVU(排泄性尿路造影)

造影剤を使用し、レントゲン検査を行います。この検査によって、腎盂や尿管の主要の有無を確認することができます。膀胱がんによる湿潤やリンパ節転移による上部尿路閉塞などが推測できます。

 

TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)

全身麻酔もしくは腰椎麻酔を行い、専用の内視鏡を使用し、生検もしくは切除し組織を採取します。採取された組織を病理に提出し、がんの種類や筋層に湿潤しているかどうかを確認します。

表在性のがんの場合、この TUR-BTでがんを切除することができ、診断と治療を兼ねた検査をすることができます。

これらの検査も合わせて行い、確定診断をしていきます。

 

3.看護師が注意すべき患者の症状

看護師が注意すべき患者の症状

膀胱がん患者へ特に看護師が注意しなければならない症状としては以下の通りです。

 

(1)排泄状況

「最近、血尿が出る。」や「排尿をしてもなんだかすっきりしない。」という言葉が聞かれた場合は注意が必要です。

このような訴えが聞かれた場合以下のようなことを確認しておきましょう。

  • いつごろから症状が出始めたのか
  • 排尿回数はどのくらいか
  • 排尿時痛や下腹部痛はあるか
  • 血尿の程度(濃さ・回数など)

これらのことを確認しておきましょう。

それ以外に確認することとして、

  • 体重の増減はないか
  • 検査データーの確認
  • 食事摂取量、食欲の有無
  • 疼痛の有無(強さ、間欠的か持続的か、部位はどこかなど)
  • 貧血などの体調面の確認

なども看護師として確認しておきましょう。

 

(2)術後の管理

膀胱がんの治療では、外科的治療(TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)や膀胱全摘出術)、膀胱内注入療法、化学療法とがんの状態や患者の状態に応じて治療していきます。

その中で特に膀胱全摘出術を行った患者についての術後管理は特に注意していかなければなりません。

 

術後管理で特に注意していかなければならないポイント

術後の創部の状態 ドレーンからの排液の性状、皮膚状態、発熱や創部の状態の確認
疼痛管理 痛みがある場合、無理をせず医師に報告し鎮痛剤を使用していく
ストーマ造設後の管理 ストーマ部の状態やその周囲の観察

 

 

(3)精神的苦痛への係わり

膀胱がんであることを告知され、「自分ががんになってしまった。」というショックから精神的にダメージを受けてしまうことが多いです。患者だけではなく、その家族も不安やショックという苦痛が伴います。

看護師として、以下のようなことへの理解と援助を行っていく必要があります。

  • 疾患に対する理解、受け入れ
  • 検査・治療に対する不安
  • 手術した場合、術後の不安
  • 退院後の日常生活への不安
  • 社会復帰にむけての不安

疾患から検査、治療(手術)の不安への対応は入院中に対応できます。わからないこと、不安に思うことはないかなど、患者が話を聞いてほしい時にいつでも聞いてあげることが重要です。

退院後の生活、社会復帰への不安については、家族や会社、患者の周りの周囲の協力と理解が必要です。家族との話し合いは入院中でもできます。

今は、インターネットでもブログやコミュニティなど普及しています。そういったものの活用も患者の年齢によっては話してみても良いでしょう。

 

4.膀胱がんの患者の看護計画

膀胱がんの患者の看護計画

それでは、膀胱がんの看護計画を立案していきましょう。

 

#1不安

看護目標 ・疾患に対して自分なりに受け入れ、がんに対する不安に対処することができる
・検査の必要性、手術のイメージつけ、術後の状態を理解することができる
OP(観察項目) ・膀胱がんに対する理解度
・検査・処置、治療に対する理解度
・患者の表情・態度・発言の状況
・疾患に対する受け入れ
・不安の程度
・食欲や食事量の状況
・睡眠状態
・家族の協力状況
・手術に対する受け止め方(患者・家族)
・術後の状態~社会復帰までの理解
TP(ケア項目) ・術前検査の実施(※1)
・不安に対する訴えや態度に対してはしっかり対応する。内容に応じては医師とも連携をとり、説明していく
・不安による睡眠障害が生じる場合は医師に相談のもと睡眠導入剤の使用も検討する
・家族の協力が得られるように、医師の説明を聞き、現在の患者の状態を把握してもらう
・手術に対する受け止め方を確認し、必要に応じて補足する
・術後から退院、社会復帰までの不安を受け止める
EP(教育項目) ・不安に感じたことがあった場合はいつでも話しても良いことを伝える。
・患者からの訴えについては情報共有していく。
・検査や手術について理解できるまで何度も質問しても良いことを伝える。
・不眠時は睡眠導入剤を使用できることを伝える。

(※1)より不安を取り除くために、言葉遣いや態度に気を付け、プライバシーの守れる場所の確保や時間にゆとりを持って説明を実施していくようにする。

 

#2術後感染症

看護目標 ・創部や尿管・腸管吻合部からの感染を起こさない
・異常の早期発見・早期対応に努めることができる
OP(観察項目) ・バイタルサイン
・血液データー
・inoutバランス
・出血部位、量、性状
・疼痛の有無・疼痛の程度
・ドレーンからの排液量と性状
・創部の状態、浸出液の有無
TP(ケア項目) ・ドレーンやカテーテルに注意して管理する
・処置は無菌操作で実施する
・疼痛コントロール(鎮痛剤の使用、安楽な体位変換)
・深部静脈血栓症の予防(弾性包帯の使用、早期離床、下肢の運動を促す)
・創部の汚染がひどいようであれば、早めにガーゼ交換を実施する
EP(教育項目) ・ドレーンやカテーテルに触れないように説明する
・疼痛時は我慢せず相談するように伝える
・創部だけでなく、全身の清潔の必要性を説明する

 

#3ストーマ管理

看護目標 ・ストーマに合う適切なパウチを選択することができる
・ストーマケアの方法を習得することができる
・ストーマおよびその周囲の皮膚トラブルが起こらない
OP(観察項目) ・ストーマの状態
(色、形(陥没など)、大きさ、出血の有無、浮腫)
・パウチ装着部分の皮膚状態
(発赤、爛れ、疼痛、掻痒感などの有無)
・ストーマからの排尿状況
TP(ケア項目) ・ストーマの洗浄およびケアを実施する
・ストーマ周囲の皮膚のケアを行う
・臥床時はパウチからドレナージバックに変更する
EP(教育項目) ・ストーマの観察および皮膚の手入れについてパンフレットなどを用いて説明する
・装具の交換の方法や装着について看護師と一緒に行い説明し、徐々に患者自身でケアできるように指導する
・わからないことがあったら理解できるまで何度も質問しても良いことを伝える。
・日常生活などの注意点などパンフレットなどを用いて説明する

 

#4ストーマ造設によるボディイメージの変化

看護目標 ・患者がストーマを触れることが出来る
・ストーマを身体の一部ととらえ、受け入れられることができる
OP(観察項目) ・ストーマに対する言動・表情・感情
・ストーマに対する理解・受け入れ
・家族や周囲の理解・受け入れ
・家族や周囲の協力体制の有無・程度
TP(ケア項目) ・ストーマに対する訴えや態度に対してはしっかり対応する
(内容に応じては医師とも連携をとり、説明していく)
・家族の協力が得られるように、現在の患者の状態を把握してもらう
・ストーマケアについて学ぶ意欲をアセスメントする
・ストーマに対する問題点について一緒に考えていく
(必要に応じては医師に相談・指示を仰ぐ)
EP(教育項目) ・ストーマについてパンフレットなどを用いて何度も説明する
・ストーマは身体の一部であり、決して怖くないことを説明し、少しずつ患者自身でケアできるように指導する
・わからないことがあったら理解できるまで何度も質問しても良いことを伝える
・患者だけでなく、家族も受け入れられるようにストーマについて説明をしていく
・利用可能な社会資源(社会保障制度や患者の会など)について情報提供する

 

#4性的機能障害

看護目標 ・手術による性的機能障害について理解できる
・今後の性生活についてに前向きになることができる
OP(観察項目) ・性的機能障害に対する患者の受け止め
・今後の性生活に対する表情・発言
・パートナーの理解、反応
TP(ケア項目) ・不安や恐れ、疑問に対する思いを傾聴する
・必要に応じて、性行為前にパウチを空にしておくことやカバーなどを使用する
・パートナーと話す機会を持てるように調整する
・必要に応じて専門医を紹介する
EP(教育項目) ・不安や恐れ、疑問に対する思いがある場合、いつでも相談に乗ることを説明する
・術後やホルモン療法などで起こる症状(勃起障害など)については、事前にパートナーも交えて説明する
・パートナーと前向きに支えあいながら生活していくことの重要性を説明する
・希望があれば専門医に相談できることを説明する

 

膀胱がんの患者の看護の注意点

膀胱がんの患者は、症状として血尿というみた目からハッキリわかるもので驚きと不安な気持ちでいっぱいになります。

非湿潤性のがんで比較的容易に摘出できたとしても再発の可能性もあることや、湿潤があるがんに関しては、膀胱を摘出し、ストーマという新たなボディイメージの変化が伴います。

身体の表面に見えるもので、患者自身でもケアをしていていくなど一生お付き合いをしていくものであり、不安や怒り、悲しみが他の疾患より強く出やすいです。

 

ポイント!

ポイント
いかに、気持ちを汲み取り傾聴できるか、そして、適切なケアを提供できるかがポイントになります。

身体的なケア以上に精神的なケアも重要になってくるのでしっかりとした知識と豊富な情報源を得ていくことが大切です。

 

まとめ

まとめ

参考文献:

今回は膀胱がんの患者への看護について説明してきました。

膀胱がんは比較的早期に症状が出現することが多い事や、非湿潤性のがんが大半なので比較的他のがんより死亡率は低いです。ただし、術後もストーマのケアなど看護師と関わることが多いのもこの疾患の特徴です。

膀胱がんの疾患、検査、治療をしっかり理解し、患者に合った看護計画を立案していけるようにしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

看護師疾患ジョブからのお願い

【当サイトからのお願い】

「看護師疾患ジョブ」の運営を続けるために、皆さまのお声(コメント)やSNSでのフォローを是非、宜しくお願いします!!

また、転職成功時にお祝い金が貰える転職エージェントもサポート中です!

  • 転職を考えている方
  • 良い求人があれば転職したい方
  • 自分の市場価値を知りたい方
などは、是非担当エージェントに転職求人の提案を受けてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓
看護のお仕事

看護師の皆様のご協力の上、こちらのサイトは運営しております。
今後とも宜しくお願いいたします。

カテゴリー:腎・泌尿器疾患




関連記事

執筆者:くるみん By「看護師疾患ジョブ」(公開日:

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です