著作者

ラビウサ

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

がんが再発してしまった患者とその家族への看護師の声かけ

ラビウサ
がんが再発してしまった患者とその家族への看護師の声かけ
  • 手術や放射線治療が終了し、経過観察のさなかで再発したことを知らされた
  • 予防のために抗がん剤治療を行っている途中で転移していることが分かった

そんな時、あなたは患者や家族にどのような声かけをしていますか。

再発を知らされたがん患者の多くは、がんを知らされた時以上に再発告知のショックは大きかったと話します。

その辛さを少しでも和らげるために、がんが再発してしまった患者とその家族への看護師の声かけについてご紹介します。

1.がん再発告知の際の患者・家族への声かけ

がん再発告知を受ける女性患者と医師

がんの再発告知の場面での、患者とその家族への看護師の声かけについてご紹介します。

 

可能であれば再発告知の場面に同席する

多くの患者が、外来通院時の検査などで再発告知を受けることになります。

自覚症状がなく経過観察の場合も、痛みなどの症状があった場合も、検査結果をもとに再発が知らされることになります。

最近は、診察室に医師と患者だけで診察を受けることが増えています。

しかし、可能であれば、検査結果を医師と共有したうえで、再発告知時に同席するか、告知後に看護師が関われる配慮をするように心がけましょう。

 

ポイント!

ポイント
気持に寄り添うためには、その告知の場の雰囲気や、その時の患者や家族の表情がどう変化したのかを知り、患者の辛さを共有することが大切です。

 

患者のショックな気持ちを受け止める

再発告知時は、患者自身がかなりショックを受けることが多いものです。場合によっては、医師への不満や怒りを看護師にぶつけることもあります。

その際医師をフォローしたり身構えたりするのではなく、まずはその気持ちを受け止め「今日の結果は、つらかった(ショックだった)ですね」とさりげなく声かけすることが、患者の気持ちに寄り添うことになります。

医師の説明が理解できているか確認する

患者と家族の気持ちを受け止めたうえで、医師からの説明で分かりにくかったことなどを確認します。

また、ショックで医師が話した内容を患者が理解できていないと感じた時には、「ご家族と一緒に、お話をもう一度聞きますか?」と声かけをします。

そうしたいと患者が話せば医師と相談し、説明日を調整するようにします。

 

補足説明!

補足事項
特に一人で告知を受けた場合には、見た目には大丈夫そうに見えても、医師の説明をほとんど覚えていない方が多いです。

次回の外来受診日を確認する振りでも良いので、声をかけて表情を確認することは大切です。

 

2.がん再発告知後の患者・家族への声かけ

がん再発患者の問診をする医師

がんの再発告知後の、患者と家族への看護師の声かけについてご説明します。

今後のことを確認する声かけをする

がんが再発してしまった時は、どうしても「治す」ことに本人も家族も気持ちが向かってしまいがちです。

しかし、再発・再燃を繰り返す場合には、いつかは治療ができなくなることもありますし、治療を最初から拒否して民間療法に走ってしまうことさえあります。

私は、再発告知をして、治療をどうするかを本人と家族が決める前には、

「治療をどうするかに関わらず、今回のことは、これからのことをご家族で考える機会になると考えて欲しいと思います」

と声かけをしています。

がんという疾患だからというのではなく、家族が大きな病気になったという意味を添えて伝えると、患者本人も、自分というよりも一般論として考えやすいようです。

 

デリケートな話であるため声かけしにくい時は?

声かけしにくいという時は、

  • 「これからのことを考える参考になったら」とがん情報サービスなどから出ている冊子を手渡す
  • 「もしも、がんが再発したら」という本などがあること紹介する

ということも、看護師からできるサポートの1つになります。

 

日常生活の変化や態度を確認する

再発告知は、「治らないのではないか」「死ぬのではないか」という不安と、治療の副作用に対する不安が、患者や家族の心を悩ますことになります。

そのため、気持ちの落ち込みや、眠れない・食べられないなどの身体症状が出現してくることがあります。

再発告知後の再診であれば、医師の診察の前に

  • 「少し、気持ちは落ち着きましたか?」
  • 「十分に眠れていますか?」
  • 「食事はとれていますか?」

と、さりげなく体調を気遣う声かけをします。

その時、話の内容だけでなく声のトーンや表情、そして家族の態度なども観察し、気になることがあれば声かけするようにします。

 

ポイント!

ポイント
必要に応じて主治医に話の内容を伝えて対処してもらうことは当然のことですが、それ以上に「心配している」ことが患者や家族に伝わることが大切です。

 

セルフケア支援を通した声かけをする

再発治療のために抗がん剤や分子標的薬、放射線治療を行うことになった場合、看護師が有害事象に対するセルフケア支援を行うことが、何よりも患者と家族を安心させる声かけになります。

抗がん剤治療は専門の看護師や薬剤師が担当し、放射線治療も専門の看護師が対応するでしょう。

しかし、その部署に全てお任せしてしまうことは、患者がその部署と関係がなくなった時にサポートするスタッフが途切れてしまいます

  • 「食事は食べられていますか?」
  • 「治療が終わった後、自宅で何か困ったことはないですか?」
  • 「気になる症状はありますか?」

など、日常生活で困っていることや不安がないかを継続して確認することで、患者や家族は何よりも安心するようです。

 

 

3.患者に今後の不安を伝えられた際の声かけ

医師に相談するがん再発患者

がんを再発した場合の多くは完治が難しく、いかに病気と上手に付き合っていくかということになります。

そのため、患者から「死ぬのかなあ」「治らないんだよね」という言葉が出ることもあるでしょう。

そんな、今後の不安を訴えられた際の看護師の声かけについてご紹介します。

 

未来の不安を否定せず、話を聴く

患者の否定的な言葉を前にすると、「そんなことは考えないで頑張ろう」と励ましてしまいがちですが、それだけでは患者の不安は軽くなりません。

そんな時には

  • 「何か気がかりなことでもあるのですか?」
  • 「なぜそんな気持ちを持たれたのですか?」

などと声かけることが、患者が本当の不安や心配を話すきっかけとなる声かけになります。

「死ぬのかな」と言葉にした患者は、死ぬことが不安なのでなく、家族や仕事のことが気になっているのかもしれませんし、これからどうなるのかを知りたいのかもしれません。

まずは、患者が口にした言葉の裏に隠された思いが何なのか、それを引き出す声かけをすることが大切です。

 

孤独感を強めないために患者会や相談室などを紹介する

再発・転移を経験した患者は、気持ちを話す場所が限られるようです。患者会に通っていたけれど、再発・転移をした後からはいけなくなってしまったという方もいます。

しかし、孤独な気持ちを抱えていくことは患者にも家族にとっても、閉塞感だけが強まることになってしまうことがあります。

今後のことを聞かれた時や、孤立感が強いときは、「自分の気持ちを聴いてくれる方は家族の方以外にいますか?」と声かけしましょう。

家族以外のサポートも大切であることを伝えて、患者会やがん相談支援センター、緩和ケア外来などの情報提供を行うことも必要です。

 

補足説明!

補足事項
患者会は、色々な種類があります。再発・転移をした方を中心としたがんサロンなどもあります。

患者にあった患者会などの情報を調べて伝えることも、適切な声かけの1つになります。

 

まとめ

再発・転移をした患者や家族への声かけは、看護師自身も患者が再発してしまったことにショックを受けて声かけできないこともあるでしょう。

しかし、それ以上にショックを受けているのは患者であり、家族です。

気の利いたセリフを言わなくても、時には、泣いている患者や家族と時間を共有するだけでも十分なこともあります。

看護師はこれからのことを共に考えてくれる相手であると理解してもらうことが、がんを再発してしまった患者と家族への看護師の声かけであるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

看護師疾患ジョブからのお願い

【当サイトからのお願い】

「看護師疾患ジョブ」の運営を続けるために、皆さまのお声(コメント)やSNSでのフォローを是非、宜しくお願いします!!

また、転職成功時にお祝い金が貰える転職エージェントもサポート中です!

  • 転職を考えている方
  • 良い求人があれば転職したい方
  • 自分の市場価値を知りたい方
などは、是非担当エージェントに転職求人の提案を受けてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓
看護のお仕事

看護師の皆様のご協力の上、こちらのサイトは運営しております。
今後とも宜しくお願いいたします。

カテゴリー:患者への看護知識




関連記事

執筆者:ラビウサ By「看護師疾患ジョブ」(公開日:

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です